ショアタチウオ アクションの基本

タチウオ

Real Angler
Real Angler

今回は、ショアから狙うタチウオの釣り方編です。
基本のアクションをしっかりマスターしましょう。

メタルジグで誘う

日中はメタルジグを投げましょう。

タチウオは明るい時間は沖の深いところにいる習性があります。

メタルジグは、飛距離が出て深いところが狙えるので、沖にいるタチウオを狙うことができます。

マヅメ前後の明るい時間が釣れる確率が高いでしょう。

メタルジグのアクションの付け方

①ボトムまで落とす

②中層くらいまでワンピッチでゆっくりシャクリ上げる(8から10回くらいのシャクリ)

③フリフォールかテンションフォールでボトムまで落とす

④再び、中層くらいまでワンピッチでゆっくりシャクリ上げる(8から10回くらいのシャクリ)

⑤フリフォールかテンションフォールでボトムまで落とす

これを繰り返します

Real Angler
Real Angler

ワンポイントアドバイス
しゃくるときに激しく動かす必要はありません!力を入れずに軽くシャクりましょう。
そして、食わせの間を作るために、フォールする時間を与えてあげることが大事です。タチウオは上手に食べるのが苦手です。食べやすい間を作ってあげましょう

分かりやすい動画をチェック↓

ヒロセマンのジグパラで太刀魚ゲーム【メジャークラフト】

オススメのメタルジグ

ワインド釣方で誘う

ワインドで使用するルアーは、ジグヘッド+ワームです。ワームは付け替えが可能です。アシストフックを加えるとフッキングの確率が上がります。ジグザグにアクションをかけることが一般的です。

ワインドのアクションの付け方

①着水後、ボトムをとります。

②着底後、糸ふけを取ります。

③ロッドを下げて上げて1回巻くという大きなシャクリで誘っていく

④2回以上巻かない。食べる間を若干入れるイメージ

⑤ロッドを下げて上げて1回巻くという大きなシャクリで誘っていく

これを繰り返します。

そうすると、ルアーはジグザグに動いていきます。このリズムが崩れると、ルアーはジグザグには動いてくれません。リールのドラグは少し緩めにしておき、シャクった時に少しジッと出るくらいがベストです。あまりにドラグを閉めすぎているとラインブレイクになります。

この動画が分かりやすい↓

タチウオワインドのアクション動作-徹底解説

オススメのワインド

タチウオの反応がない時に3つの点を調整しよう

①シャクリのリズムを変えましょう。

大きめのシャクリでダメなら小さめのシャクリという具合です。

②レンジを変えてみましょう。

ボトムを取るのではなく、カウントを減らして中層などに変えてみます。

③カラーを変えてみましょう。

夜はグロー系のルアーがいいですが、マヅメはピンクのケイムラカラーが当たります。

Real Angler
Real Angler

暗くなってきたら、発光体を入れるのもオススメです。発光体を三箇所くらい折って、ワームの下の穴にきっちりと奥まで入れます。ワームの上の穴にはジグヘッドを入れて装着します。発光体がセットになっているワインドルアーには説明が書かれていますので、書いてある手順にしたがい装着しましょう。

メタルジグ・ワインドでもアタリがない時にすること

ワインドでアタリが止まった時、シャッドテールに変えてみましょう。

シャッドテールはキャストして、ただ巻きでOKです。

このルアーは巻くだけでプルプルと尻尾が揺れるので、巻いているだけでアクションがついています。

しかし、それでもあたらなければ、ちょっとシャクリを入れてみましょう。

巻いてチョンチョンという程度だったり、リフト&フォールを加えてみましょう。

タチウオ釣りに役立つ道具

Real Angler
Real Angler

タチウオは歯が鋭い魚です。また長細いのでワニグリップがあると便利ですよ!

Real Angler
Real Angler

メタルジグやワインドルアーにアシストフックを装着するとフッキング率が上がります。
少し手間ですが、付けるのと付けないのではバラシに大きな差が出ますよ!下の商品は針に直接装着するタイプのものです。

Real Angler
Real Angler

ナイトゲームに絶対に欠かせないのがライトです。足元の安全にも影響するのでぜひ用意しておきましょう!

まとめ

メタルジグ、ワインドルアー、シャッドテールの用い方をまとめてみました。

ショアから狙うタチウオで最低限揃えておきたいルアーです。

それぞれの使い方、アクションの付け方に精通し、タチウオを狙ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました